還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

違うこと新しいことに敢えて挑戦する生き方を選ぶ【前立腺がん通信⑪】

f:id:gblog60:20220403101848j:plain

この記事は、前立腺がんの告知を受けた魔太郎の個人的な体験談です。
このことをご了解されて読み進めてください。

 

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

2022年2月24日に前立腺がんを告知されました。

末期がんではなかったので、きちんと治療をすれば長く生きることができそうです。

告知されて最初に考えたことは「後悔しない人生を送りたい」ということ。

でもね「後悔しない人生」といってもぼんやりしています。

それでもがん告知から1ヶ月以上が過ぎて、少しは前向きな気持ちが出てきたところ。

するとね、「後悔しない人生」のひとつに「やりたかったことをやろう」という思いが・・・。

そこで今回は、違うこと新しいことに敢えて挑戦する生きかたを選ぶことについてお伝えします。

居心地のいいところから少し飛び出すことに挑戦しました。

ではでは、始めますよ。

 

 

違うこと新しいこととは

魔太郎は休日に近くの平和台公園にウォーキングによく行きます。

なにも考えてないと毎回同じルートばかり。

そこで、これからはときどき違うルートや新しい場所でのウォーキングに挑戦することに。

今回挑戦したことは平和台公園のながーい階段上り。いつものウォーキングのコースには入っていません。

f:id:gblog60:20220403165218j:plain

実際登ってみると意外にすんなりとできて自分でもびっくり。

体力はまだありましたが、今回は1往復のみで終了。

こういう違うこと新しいことに挑戦することを継続していくことによって、やりたかったことをやる経験を積み重ねるトレーニングです。

 

小さいことから挑戦する勇気

f:id:gblog60:20220403103019j:plain

違うことや新しいことをに挑戦するときに、問題はいかに行動に移すかということ。

そして、行動に移せても継続できないと後悔しない人生にはなりません。

魔太郎はいままでにいろんなことにチャレンジしてきましたが、いつの間にかモチベーションが減って自然消滅してきた失敗があります。

失敗の原因は最初から張り切ってしまうこと。

とくに「毎日やる」を目標にするとチャレンジが重荷になってしまうのです。

そこで取り組んでいるのは「小さく始める」ことなのです。

魔太郎の性格は「ちゃんとやらなければ」が強いです。

ですから、最初からエンジン全開にせず少しずつ行動していくことを意識しているわけ。

これってね、完璧主義で熱しやすく冷めやすい性格の魔太郎には、勇気のいることなのです。

 

まとめ

f:id:gblog60:20220403103103j:plain

今回は、違うこと新しいことに敢えて挑戦する生きかたを選ぶことについてお伝えしました。

61歳でがん患者になりましたが、残りの人生を「後悔しない人生にする」ために、違うこと新しいことに敢えて挑戦する生き方を選ぶ選択は始まったばかりです。

やりたいことをやるためには、居心地のいいところから少し飛び出す経験を積み重ねて行くことが大事だと思う魔太郎です。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

前立腺がん通信の過去記事はこちらです。

www.gblog60.com