還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

今だけの古女房の優しさ?退院して1週間のこと【前立腺がん通信㉚】

この記事は、前立腺がんの告知を受けた魔太郎の体験談です。
前立腺がんの治療や気づきなど、この病気で不安を抱えるひとに向けての情報発信になります。

 

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

前立腺がんの告知を受けたのが2022年2月24日のこと。

魔太郎の前立腺がんは、転移はなく前立腺にとどまる「限局がん」で悪性度は中リスク。

ですから、すぐに命がなくなるものではありません。

6月29日に手術をして、7月9日に退院しました。

入院は12日間。

今回は、退院してから1週間のことをお伝えします。

痛みや尿失禁のことが中心になります。

ではでは、始めますよ。

 

 

病院からの帰り道くるまの助手席で

当初入院は10日間の予定でしたが、家庭の都合を医師に伝えると2日間延長してくれました。

病院は患者を長く入院させたくないのでは、と思っていたのであっさりと決まって拍子抜けしたほど。

入院は2週間が限度の決まりだったのと、病室はぎっしりと患者で埋まっているようではなかったのが理由でしょう。

古女房が車で迎えに来てくれました。

魔太郎は助手席に深めに腰掛けて、運転してくれている古女房とおしゃべり。

入院中は、コロナ感染症対策で「付き添い」と「面会」は原則禁止でした。

古女房とは LINE でやり取りはしていましたが、顔を見ながらのおしゃべりは久しぶり。

運転しながおしゃべりする古女房の話の内容は、魔太郎が入院中に台風の影響で大雨が降ったことが中心。

それは、ゴミ出しの日だったので「長靴を履きカッパを着てのゴミ出しは、いかに大変だったか」ということ。

ゴミ出し担当がいなくて大変だったのよ

と。(ゴミ出し担当は魔太郎のことです)

魔太郎を責めるような口ぶりでしたが、助手席から運転している古女房の横顔を見ると、ニコニコしながらおしゃべりしている様子が伺えました。

すまなかったね

と、ここは素直に古女房をねぎらうことに。

寂しがり屋の古女房です。

6時間に及ぶ手術の待ち時間や、12日間のひとり暮らしのことを思うと

苦労をかけたな

と思った魔太郎です。

 

痛みと尿パッドと骨盤底筋体操

退院するときは手術をしてから10日ほど経つのですが、膀胱の下あたりがまだズキンズキンと痛みが。

膀胱の下にある栗ぐらいの大きさの前立腺を、全部切り取ったのでその痛みでしょう。

たまらない痛さではないのですが、オチンチンや肛門付近まで痛みが出ることがあります。

すると「アイタタタタ」とつい声が出てしまうのです。

 

尿管を抜いてから尿失禁がありましたが、1日の漏れる量は100ccほど。

看護師さんからは「大量に漏れる人もいる」とのことで、魔太郎は少ない方ではないでしょうか。

退院前に医師から「自宅では活動量が増えるので、尿失禁が増えますよ」と言われていました。

そんなことはないだろう

と思っていたら、椅子やソファーやベッドに腰掛けるときなどに腹圧がかかると、思いがけず漏れてしまって「はぁ~」と声が出そうになります。

古女房からは

1ヶ月は何もしなくていいわよ

と、ありがたい言葉がありましたが、軽い作業なら出来るだろうと思っていた魔太郎です。

ところがです。

ちょっと動いて腹部に圧力がかかると、オシッコが「シュン」と漏れるのです。

大量に漏れるわけではないのですが、尿パッドに生暖かい液体が流れる瞬間は力が抜けそうになります。

ここでも「はぁ~」と声が出そうになり、腰からエネルギーが抜けていく感じです。

そして、くしゃみが出るとさらに大変。

くしゃみが出るたびに、オシッコが「シュン」と出てしまいます。

情けないやら、オシッコを自分でコントロールできないもどかしさがイヤーな感じ。

そのたびに尿パッド交換にトイレに駆け込む次第。

尿パッドに慣れないよ

と古女房に愚痴ってしましました。

尿失禁の改善には 骨盤底筋体操 と、退院前に看護師さんから手渡されたパンフレット見ながらのトレーニング。

骨盤底筋体操をしている最中にも小さな尿失禁があって、ここでも「はぁ~」と声が出そうになります。

コツを掴むために YouTube で検索してお勉強。

でもね、股間の痛みと尿失禁で

面倒くさいな

が本音です。

 

手術をしてから血圧が・・・

手術をしてから血圧が上昇しました。

手術前は135/85(最高/最低)でしたが、手術後は190/100に。

魔太郎も看護師さんもびっくりです。

数日様子を見ましたが、改善しないので血圧を下げる薬を朝食後に1錠飲むことに。

すると、なんとか下がってきましたが、看護婦さんから「退院したらかかりつけ医に行って相談してください」とのこと。

かかりつけ医に行くと、薬をしばらく飲んで血圧手帳に数値の記入を求められました。

薬を毎日飲むこと、朝晩の血圧測定と血圧手帳の記入が日課に。

病気になると、やることが増えて困ります(笑)

 

まとめ

今回は、退院してから1週間のことをお伝えしました。

痛みや尿失禁に悩まされています。

古女房は

しばらくはしょうがないわよ

と慰めてくれますが

嫌なことは嫌なもんです

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

7月9日に退院してから、コロナ感染者が激増しています。

古女房からは

プラプラ外出するな!

と命令されて、おとなしくしている魔太郎です(笑)