還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

還暦過ぎた夫が「古女房ファーストで生きる」ということとは?

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

魔太郎と古女房は結婚して今年で30年。

今年は私が前立腺がんを告知され、手術をして今はリハビリ療養中。

最近つくづく思うのは

古女房に苦労かけてきたな

ということ。

そこで今回は、還暦過ぎた夫が「古女房ファーストで生きる」ということについてお伝えします。

まだ間に合うでしょうか?

 

 

これまでの30年の結婚生活

私達が結婚したのは、魔太郎が32才、古女房が29才のときでした。

二人の子どもにも恵まれました。

でもね、魔太郎には古女房を大事にしてこなかった、という思いがあります。

それは

  • 仕事人間だった
  • 子育ては妻に丸投げしていた
  • 暴飲暴食して健康を損ねた
  • つらい思いを何度もさせた

などなど・・・。

古女房に言わせれば、こんなもんじゃないでしょうけれど。

 

古女房ファーストで生きる

二人の息子たちは社会人となり、一軒家の我が家は二人暮らしになりました。

そして今年、前立腺がんを告知されて思いました。

古女房をもっと大事にすることです。そこで考えたことが

  • 家事手伝いを積極的にする
  • 古女房の話をちゃんと聞く
  • いつも笑顔でいる

です。

まだまだ、足りないとは思いますが、ここからスタートすることします。

 

まとめ

今回は、還暦過ぎた夫が「古女房ファーストで生きる」ということについてお伝えしました。

今さら、というご批判は承知の上です。

先日、民生委員のかたとお話をする機会がありました。

魔太郎家は宮崎市の団地にあるのですが、4割に当たる世帯がひとり暮らしの高齢者とのこと。

魔太郎夫婦もいずれは、どちらかが先に欠けることになります。

だからこそ、今を大事に「古女房ファーストで生きる」ことにしたいと思ったのでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村