還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

着たきりスズメのシニア夫を叱る古女房の悩みとは?

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

私は、着るものには興味のない62歳のオジサンです。

いまは病気のリハビリで自宅療養中でもありますし、家にこもってブログやキンドル出版の原稿を書いています。

ときどき、古女房とスーパーへ買い物に出かけます。

「運転手」兼「荷物運び係」として。

出かける前に、古女房から服装チェックがあります。

ときどき

着替えなさい!

と叱られます。

そこで今回は、着たきりスズメのシニア夫を叱る古女房の悩みについてお伝えします。

新しい洋服を買ったのですが・・・。

 

 

着たきりスズメのシニア夫とは

私はいつも同じような服を着ています。

同じ服を毎日着ていると古女房がうるさいので、少ない服を交互に着るようにしています。

ところがです。

今年の冬用の厚手のシャツは2枚しかないのです。それがこれ。

今までは仕事で制服を着ていました。

ですから、休日の私服は2枚で十分でした。

いまは自宅にいますけど、この2枚を

交代で着ればいいと

思っていたのですが・・・。

 

古女房の悩みとは

スーパーの買い物に、古女房と出かけようとしたときのこと。

前回と同じ服装をしていたら、古女房から服装チェックでダメ出しが。

いいがね

というと、

スーパーでは3メートル離れろ

と言われちゃいました。

古女房は、亭主が毎回同じ服を着ているのが悩みなのです。

さすがに苦情の申し立てをすると

冬のシャツは何枚あるの?

と聞くので正直に答えると、「買ってきなさい」との命令。

なので、ユニクロさんへ行ったのです。

 

まとめ

今回は、着たきりスズメのシニア夫を叱る古女房の悩みについてお伝えしました。

古女房にしてみれば、

「夫の服装にも気を配らないズボラな妻」

と、思われるのが嫌なようです。

すいませんでした

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

古女房は仕事なので、ひとりでユニクロへ。

買った洋服はこれ。

古女房に見せたら

似たような洋服買って

と、不評でした。