還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

体力のあるうちにやる!シンプルなシニアライフをめざす目的とは?

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

来年で魔太郎は63歳、古女房は60歳になります。

人生の折り返し点はすでに通り過ぎ、終盤戦の準備をしなければと思うこの頃。

思っているだけで、なかなか行動が伴っていないのが悩みです。

そこで今回は、シンプルなシニアライフをめざす目的についてお伝えします。

体力のあるうちにやるのがポイントだと思うのですが・・・。

ではでは、始めますよ。

 

 

シンプルなシニアライフをめざす目的とは?

たまにテレビで、高齢者の自宅室内の映像が映るときがあります。

部屋にはモノがいっぱいで、テーブルの上にもモノが置きっぱなしの様子。

申し訳ないけれど

なんとかしなさいよ!

と、思う魔太郎です。

でもね、いろんな事情があって片付かないのでしょう。

そこで「どんな部屋に住みたいか」に思いを馳せるのが大切だと思うわけ。

「自分がどうしたいか」をつねに意識することなんです。

最近、古女房と話をするのは
「シンプル」にしよう
ということ。

そこから出てくるシンプルなシニアライフをめざす目的は、

  • 子どもたちに迷惑をかけたくない
  • モノに振り回されない生き方をしたい
  • 好きなものに囲まれた部屋にしたい

ことなのです。

そこで、家の中にあるモノを捨てる作業を進めています。

 

体力のあるうちにやる!

家の中にあるモノを捨てる作業を進めるのに必要なのは体力です。

私はついつい

いつでもできる

と考えてしまいます。

ところがです。

今年の6月に前立腺がんの手術をして、12日間入院しました。

するとね、術後の体力回復に3ヶ月ほどかかりました。

その間、痛みや尿失禁の合併症で、なにをする気も起きないことを経験したのです。

で、学んだことが「体力のあるうちに片付けをしよう」ということなのです。

 

片付けしたことは

ここでは、我が家が片付けしたことをお伝えします。

まずは食器のこと。

食器類は小さな棚に入る分だけにしました。

いまはジジとババのふたり暮らしなので、二人分が中心です。

たまに、独身の次男が帰ってくるのでプラス1個です。

それから、キッチンの流しの上にある棚のものも捨てました。

めったに使わない大型の食器類や調理器具もです。

いまは、トイレットペーパーなど防災時の備品入れにしています。

この棚なんか、足腰が弱くなったら手がつけられないでしょう。

ボクの書棚にあった大量の本は、ネットで買い取りに出しました。

ところがです。

古女房が手がつけられないのがこれ。

結婚したときに買った婚礼家具。

30年前は、こんなでかい家具を揃えるのが当たり前でした。

値段も高かったのよ

と、古女房がボヤきます。

 

まとめ

今回は、シンプルなシニアライフをめざす目的についてお伝えしました。

ところで、あなたは

どんなシニアライフを目指したいですか?

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

古女房の婚礼家具の中に残っているのが「着物」です。

母が無理やり揃えたのよ

とのこと。

 

古女房は、処分する決断が出来ないようです。

 

ボクには手出しが出来ない領域です(笑)