還暦Gちゃんブログ

日本中に元気を届ける

不満が止まらない!昭和のテレビドラマを見ていた古女房が・・・

f:id:gblog60:20210608193601j:plain

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

古女房は暇なときにノートパソコンでYouTubeを見ているようです。かわいい猫ちゃんに癒やされ、シングルマザーを応援し、料理を見ては学んでいるようです。

でもね、新しい料理は我が家の食卓にまだ出てこないようですが(笑)

そして面白い動画のときは大声でゲラゲラ笑っています。そんなときは邪魔はしません。だって 平和なひととき なんですから。

 

ある日のこと、朝食を一緒に食べていると前日見た動画の話題になりました。それは30年以上まえの昭和のテレビドラマのことでした。

すると次第に古女房が違う方向に・・・

 

 

テンポが遅いのよ

昭和のテレビドラマのおおまかなあらすじです。地方で働いていた主人公の若い独身女性が可能性を求めて東京に出て、いろんなことを経験しながら成長していくというもの。

古女房いわく

「とにかくドラマのテンポが遅いのよ。のんびりしてるわよ。今のドラマは展開が早いでしょ、イライラしちゃった。」

なるほどなるほど。演出の違いがあるのですね。

 

ありえない演出

f:id:gblog60:20210608193933j:plain

主人公の女性が会社をやめて東京に行く話を食事をしながら両親に話すところでは、怒った父親がテーブルをひっくり返すシーンに驚いたとのこと。おそらく畳に座って食べていたのでしょうね。いまじゃありえない演出だわと得意げです。

魔太郎は子供の頃に 巨人の星 という野球アニメが人気があって、父親が怒ってちゃぶ台をひっくり返すシーンを思い出しましたよ。

 

お茶入れも仕事?

東京で就職した主人公が職場で男性職員にお茶を入れて配るシーンでは

「わたしもやったわよ。こっちも忙しいのに “ おーいお茶 ” なんて言われると頭に来たわ!」

そうでしたね、そうでしたね。当時お茶を入れてもらうことになんの疑問もなかった魔太郎は恐縮するばかりです。その当時はなんにも疑わなかったことが、いま思うと恥ずかしいです。

いま思えば 男女差別 の意識が根底にあるということでしょうか。現代はすこしは改善されているのでしょうか?

 

パワハラ・セクハラ

f:id:gblog60:20210608194103j:plain

ドラマでは主人公がパワハラ・セクハラに悩むシーンがあったようです。

この問題は現在でも解決されていないところですよね。いまではかなり法律が整備されてきましたが、当時は我慢するしかなかったと思います。魔太郎も上司からかなりきついパワハラを受けた経験があります。いま会ったらぶん殴ってやりたいぐらいです。

おやおや感情が乱れてきましたね。申し訳ない。

するとね、古女房の当時のパワハラ・セクハラの記憶が蘇ったようです。その当時こんなことをされた、こんなことを言われたエピソードが次々と出てくるではありませんか。

魔太郎と古女房は同じ職場で働いていました。なので魔太郎も状況がよくわかるので辛かったです。しばらく続いたので魔太郎が少し強めに

ストップ

そこで古女房もハッと我に返りましたよ。

みなさんはこんな経験はありませんか?

 

不満が止まらない!昭和のテレビドラマを見ていた古女房が・・・まとめ

f:id:gblog60:20210608194236j:plain

パワハラ・セクハラの問題はいまでもなくなっていませんね。弱い立場のものをいじめる構図は人間が持つ負の一面なのでしょうか?

でも負けてはいけないし、見過ごしてはいけない問題です。

でも難しい!

わたしたちは、ひとりひとりが生きやすい社会を作っていかねばならないということ。

でもこれがほんとに難しい。インターネットが普及してさらにひどくなった気がするのは魔太郎だけでしょうか。

おやおや思ってもいない展開になりましたね。うまくまとめることが出来ませんが

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村