還暦Gちゃんブログ

自分を成長させて仕事や人生をよくしたいと頑張っている人を応援するブログ

なんとなく調子が悪い!寝る前2時間にやってはいけない6つのこと

f:id:gblog60:20210917101145j:plain

なんとなく調子が悪くて前向きな気持になりずらい

こんな経験はありませんか?

魔太郎はよくあります。

「やりたいこと」や「やっておきたいこと」はあるのに、どうもやる気がおきない。

やったとしても時間ばかりかかって、成果が出た実感が少ない。
どうにかしたいけれど・・・。

 

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

 

今回は精神科医の樺沢紫苑さんの著書

今日がもっと楽しくなる行動最適化大全 ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す

から、「寝る前2時間にやってはいけない6つのこと」についてお伝えします。

この寝る前にやってはいけない6つのことは、あなたの生活習慣の一部になっているものかもしれません。

少しづつ変えることで、生活の質が良くなるキッカケになりますよ。

 

 

寝る前にやってはいけない6つのこと

「行動最適化大全」では、寝る前の2時間を リラックスの時間帯 とすることをオススメされています。

そうすると、睡眠に入りやすく、眠りも深くなり、疲れも取れやすくなるとのこと。

本の中ではリラックスする具体的な方法が7つ紹介されていますが、同時に寝る前2時間にやってはいけないことも紹介されています。

今回は、寝る前2時間にやってはいけない6つのことをご紹介しますよ。

それは

  • ブルーライト(スマホ、ゲーム、テレビ)
  • 興奮系視覚系娯楽(ゲーム、映画)
  • 飲酒
  • カフェイン
  • 喫煙
  • 激しい運動

です。

それではひとつひとつ説明をしますね。

 

ブルーライト(スマホ、ゲーム、テレビ)

f:id:gblog60:20210917101619j:plain

スマホやパソコン、テレビの画面からは「ブルーライト」を発しています。

ブルーライトとは、青空の波長「昼の波長」なので、脳が「今は昼だ!」と勘違いして眠気が吹き飛ぶとのこと。

とくに スマホは睡眠障害の隠れ原因の可能性がある とのことです。

魔太郎は寝る直前までスマホを見ることが多いです。ついついスマホの画面をスクロールしてしまいますね。

 

興奮系視覚系娯楽(ゲーム、映画)

f:id:gblog60:20210917102013j:plain

ここでは刺激の強いゲームや映画を控えることです。

刺激の強いものを見ると、アドレナリンが分泌して、興奮し交感神経が優位になり睡眠を妨げるとのこと。

魔太郎はアマゾンのfireタブレットで映画をよく見ます。500円/月のプライム会員になると、たくさんの映画などが無料で見れますので便利ですよね。

夕食と風呂をすませて、寝る前にアクション映画を見るのはすっごく楽しいです。

でも次の映画を見たくなって、ついダラダラと寝る前まで見てしまうことがしばしば。

見る時間を工夫しなきゃ

 

飲酒

f:id:gblog60:20210917102711j:plain

お酒については

寝る目的でお酒を飲んだり、寝る直前にお酒を飲む習慣を続けると、睡眠障害の原因となります。

とのこと。

お酒を飲んでから2時間以上経つと、睡眠への悪影響はかなり減るとのことです。

魔太郎はシフト制の仕事をしていますので、遅番のときは「帰宅して風呂上がりにビールをぐいっとやってパソコン見て」とやってましたね。

たしかに翌日のパフォーマンスが悪いのは実感してましたよ。

 

カフェイン

f:id:gblog60:20210917101738j:plain

カフェインには強烈な覚醒作用があり、カフェインが多い飲料を寝る前や夕方以降に飲むと眠れなくなるとのこと。

夕食後に知らずしらずカフェインの多い飲み物を飲んでいた魔太郎です。

 

喫煙

f:id:gblog60:20210917101756j:plain

ニコチンには覚醒作用があるとのこと。ですから

喫煙者は、不眠症の率が4~5倍に跳ね上がり、入眠時間が15分遅れるという研究結果があります。

とのことです。

ちなみに、魔太郎はタバコは吸いません。

 

激しい運動

f:id:gblog60:20210917101811j:plain

激しい運動は交感神経を優位にするので、睡眠2時間前までに終わらせるといいとのこと。
ストレッチやヨガのようなごく軽い運動は、リラックスさせるので睡眠前でも良い効果が期待できるとのことです。

 

なんとなく調子が悪い!寝る前にやってはいけない6つのこと:まとめ

f:id:gblog60:20210917102439j:plain

今回は精神科医の樺沢紫苑さんの著書

今日がもっと楽しくなる行動最適化大全 ベストタイムにベストルーティンで常に「最高の1日」を作り出す

から、「寝る前2時間にやってはいけない6つのこと」についてお伝えしました。

 

じつは魔太郎は睡眠時間はしっかり7時間とっているのに、翌日 なんとなく調子の悪い日が多かった のです。

毎日ブログを書いたり、休日に家のこと(掃除や片づけなど)は出来ています。

でもね やらねばならないの気持ちが強くて楽しめていなかったのですよ。

 

うすうす、寝る前のスマホやお酒のことは良くないだろうなとは思っていました。

しかし、これらが生活習慣の一部になっていることと、「なんとなく調子が悪い」ぐらいの認識でしたから、大切なこととは思っていなかったわけ。

 

そして今回の記事は、下記の記事をアップしたときに反響が多かったので、再度詳しく書いたものです。

コメントを読むと魔太郎と同じように「なんとなく調子が悪い」を実感しているひとが多いと感じました。

でもコメントには「難しい」が多かったです。だって生活習慣の一部になっているのですから。

それでも、なんとかしたいのではありませんか?

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

「行動最適化大全」の本には、寝る前2時間にやってはいけないことが難しいときの対処法も書かれています。

それは最初は短い時間からはじめること。

せめて 寝る前「30分」をリラックスして、のんびり過ごしてみること をすすめられていますよ。

小さくはじめることがポイントだね