還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

宮崎から東京へ転勤になった社会人3年目の子どもからの連絡とは?

f:id:gblog60:20220417155435j:plain

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

魔太郎家の次男が、宮崎で社会人になったのは2020年4月のこと。

ちょうど、新型コロナウイルス感染症が広がり始め、スーツに白いマスクをしての入社式でした。

入社してからは人間関係に悩み、ストレスで体調を崩したり、一時は「会社を辞める」と言い出すところまで追い詰められました。

コロナの影響もあって、会社も新人教育がうまくいかないところもあったかもしれません。

すると、2021年の秋に東京転勤の内示がありました。

でもね「おれは都会は嫌いだ!」とか「満員電車は嫌だ!」とかゴネる次男。

宮崎の自然いっぱいのなかで育ったので、不安があるのでしょう。

それでもなんとか2022年4月初旬に、東京へ引っ越して行きました。

宮崎空港で見送ったあと

上手く東京でやれるのかしら?

と心配の尽きない古女房です。

そのあと

あの子はこれから 東京都民 

と、生まれも育ちも 宮崎県民 の古女房は、少し羨ましそうです。

息子からは初出勤のあとに「なんとかやれそう」との連絡がきて、ひと安心した魔太郎と古女房。

ところがです。

10日ほど過ぎて、とつぜん次男から LINE が・・・。

それがこれ。

f:id:gblog60:20220417161558j:plain

なんとも意味不明な内容です。

魔太郎と古女房は

5月に荷物を送ります。
お父さんとお母さんのだから開けていいよ。

と解釈しました。

言葉が足りず不器用な次男の性格を知っているので、間違いはないでしょう。

そして、古女房が「慣れたのか?」と聞くと

f:id:gblog60:20220417171624j:plain

なんてことでしょう!

あれほど都会を嫌がっていたのに

「慣れた、おもしれーわ こっち」

との返信。

次男は東京に行ってからまだ10日足らず。うまく順応したようです。

でもね、心配なことがひとつ。

それは、宮崎でのひとり暮らしのときの部屋の様子がこちら。

f:id:gblog60:20220417195012j:plain

自炊はやめときなさいよ

と次男に伝えた古女房でした。

さてさて、次男の東京での勤務は2年間の予定。

仕事と人生を楽しんでもらいたいと願う魔太郎と古女房です。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

5月の荷物は、おそらく次男なりにこの2年間のお礼の気持を込めて何かをプレゼントしてくれるようです。

古女房は最高にご機嫌!

平和な魔太郎家です