還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

親離れ途中の息子からの「とりあえず大丈夫」にモヤモヤする親ごころとは

f:id:gblog60:20220226091452j:plain

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

魔太郎夫婦にはふたりの子どもがいます。

長男は20代後半。宮崎の高校を卒業して愛知県で就職し、地元の女性と結婚して娘を授かりました。

次男は20代前半。2年前に宮崎で就職し半年前にひとり暮らしを始めたばかり。

その次男が社会人になって試練という人生の壁にぶち当たり、親もあたふたしている時間を過ごしています。

次男の試練の様子は「親離れ子離れ」というテーマで記事にしています。

親離れ子離れ カテゴリーの記事一覧 - 還暦Gちゃんブログ

今回は、親離れ途中の息子に仕事や体調のことを聞いたら「とりあえず大丈夫」との返事に、モヤモヤする親ごころについてお伝えします。

親が子離れしていくことを深堀りしてみました。

ではでは、始めますよ。

 

 

モヤモヤする親ごころとは

f:id:gblog60:20220226091615j:plain

ひとり暮らしをしている次男が、会社を辞めると荒れたのは2021年12月のこと。

人間関係の悩みが原因のようです。

2年前に地元宮崎で就職したものの、仕事の壁にガッツリと正面から衝突したようです。

約1ヶ月のあいだ週末に実家に帰らせて、古女房の手料理と南向きの日当たりの良い部屋で静養させました。

その間、魔太郎と古女房はときどき息子の話を聞いてやるだけ。それも息子が話をしたいときだけ。

すると、息子は2月からはアパートに戻っていきました。

次男は家ではおしゃべりではありません。

おしゃべりな古女房はそこが不満なのです。

魔太郎は古女房のおしゃべりを聴く側です。ときどきツッコミを入れたりしながら。

だって、古女房のおしゃべりは主語がなくて突然話題が変わるのでね。

おやおや脱線しましたね。

でも、大丈夫。いつものことです(笑)

 

会社を辞めると荒れていた息子ですが、その後のことが気になる魔太郎夫婦です。

そこで古女房が次男に送った LINE が

何か困ったことはない?

するとね、次男からは

「とりあえず大丈夫」

とのこと。

魔太郎夫婦は「とりあえず」にモヤモヤするのです。それは

  • とりあえず会社を辞めるは保留だ
  • とりあえず心は落ち着いた
  • とりあえず大丈夫だ

なんて解釈の次第でどうにでも捉えることができるから。

 

親の期待はエゴ?

親は子どもに幸せになってもらいたいと思っています。

ただその「子どもの幸せ」のなかに、親が期待する「結婚」「孫」なんて親が期待する部分があるのも事実。

だから、親の期待はエゴかもしれない と思ったわけ。

子どもの幸せを願う気持ちのなかに、親自身が幸せになりたいがあるから。

このことが、良いか悪いかは魔太郎にはわかりませんけど。

 

子どもの自立を見守る

魔太郎夫婦はたまに息子のアパートに料理を届けに行きます。もちろん息子に連絡してお願いされるときだけですが。

ひとり暮らしを始めた次男のアパートを除くと部屋の中はこんな状態。
f:id:gblog60:20220226091645j:plain

もっとどうにかならないものかとちょっぴりイラッとしますし、生活習慣のしつけを教えなかった魔太郎夫婦の後悔もあります。

でもね、ゴミの整理などひとり暮らしを初めた頃よりは、出来ているところもあるのは事実。

まだまだですけどね

出来ているところを認めてやること、つまり 子どもの自立を見守ることが親の役目 かなと思うところです。

自立を試行錯誤している子どもを見守ることが親の子離れかなと。

そして、子どもからSOSがきたときにサポートすること。

でもね、あれこれ「口出ししたい、手出ししたい」を抑えるのは、結構大変なのですけどね(笑)

 

まとめ

f:id:gblog60:20220226091718j:plain

今回は、親離れ途中の息子に仕事や体調のことを聞いたら「とりあえず大丈夫」の返事に、モヤモヤする親ごころについてお伝えしました。

モヤモヤする親ごころと、親が子離れしていくことを深堀りしてみました。

すいませんが、今日は「まとめ」をどう書いていけばいいかが「わからない」のでここまで。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村