還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

息子のひとり暮らしの親離れから「親の心子知らず」を実感するけれど

f:id:gblog60:20211202090116j:plain

社会人2年生(令和3年現在)の息子(次男)が、ひとり暮らしを宣言して実家を出たのは令和3年7月の中旬のこと。

なるべく「口出し手出しをしない」と決めた魔太郎と古女房です。
そこで古女房が送ったメッセージは

困ったことはない?

すると息子から
「たまにお母さんの手料理が食べたい」

そこで1週間に1回のアパート訪問が始まりました。

 

今回は息子の行動から「親の心子知らず」を実感した魔太郎夫婦の気持ちについてお伝えします。

ではでは、始めますよ。

 

 

親の心子知らずの意味

親の心子知らずの意味は

親の子に対する深い愛情がわからず、子が勝手気ままにふるまうこと。

また、自分が親になってみなければ、親の気持ちはわからないということ。

故事ことわざ辞典より

です。

今回魔太郎夫婦が感じたところは、息子の行動から気づいた魔太郎夫婦の気持ちのこと。

とくに古女房が心配してたことを息子がやってなくて、結局こちらに手間がかかってしまい「親の心子知らずを実感した」というものなんです。

 

親の心子知らずを実感したキッカケとは

f:id:gblog60:20211202091234j:plain

息子からのSOSは古女房のLINEに届きました。

それは、息子が住所変更を市役所に届けていなかったので、会社の年末調整で指摘を受けたというもの。

そこで古女房に

「おかあさん、転居届を出しといて」

というのがSOSの内容。

息子(次男)は特に自立心の強い性格です。

ですから、古女房から「あれはしたの、これはしたの」と言われることが一番イヤなことらしいです。

魔太郎は「ほっときゃいいのに」思うのですが、母親はそうにはならない生きもののようですね。

そして事件が起きました。

息子が社会人になって同居を始めて数ヶ月たった頃、アレヤコレヤと口うるさいことを言う古女房に息子がキレて

「オレを何歳だと思ってんだ!23歳だぞ」

と啖呵を切られたことがありました。

魔太郎も息子の気持ちがわからないではありません。

それは古女房の言動があまりにも23歳の息子を 子供扱いしている と感じていたから。

古女房には、頭に浮かんだことをすぐに言葉にするところがあるので。

それからは、古女房は余計なことは言わないようにしていました。

それでも息子がひとり暮らしを始めて実家を出ても、古女房には気になることがいくつもあります。

それは

  • 転居届は出したのか
  • マイナンバーカードは取りに行ったのか
  • コロナのワクチン接種はしたのか

などなど。

古女房は言いたいけれど言わないで我慢していました。魔太郎にはガンガン言いますけどね(笑)

魔太郎はさらりと受け流していますけど。

そして今回「転居届を出しといて」のSOSが届いて、古女房の怒りが爆発したというわけ。

 

親の心子知らずを実感する

f:id:gblog60:20211202091300j:plain

古女房の心配してたことが現実になって、けっきょく古女房にSOSが届きました。

古女房はすっごい心配性の性格をしていますので、やるべきことをちゃんとやらないことが大嫌いなんです。

ですから

なんであの子はちゃんとやらないのかしら

とボヤきます。

オレに似てるな

とは魔太郎の心の言葉です。

ここは火の粉がこちらに降りかからないように、古女房に共感して火消しに努めます。

そこで魔太郎は

親の心子知らずだね

と言って夫婦で実感して納得シーンを演出です。

 

まとめ

f:id:gblog60:20211202091319j:plain

今回は息子の行動から「親の心子知らず」を実感した魔太郎夫婦の気持ちについてお伝えしました。

息子は自立心が強い割には、手続きなどめんどくさいことを後回しにする傾向があります。

それがわかっているので、古女房はアレヤコレヤと言いたい気持ちもわかります。

それは子どもになるべくなら「失敗して欲しくない」という親の気持ちがあるのかもしれないと思ったところです。

でもね、失敗から学ぶこともあると思う魔太郎です。

 

そして今回の出来事を通じて魔太郎が気づいたことは、

  • 転居届を出すなんて大したことではないこと
  • そのあと息子からちゃんとした言葉が返って来ないことが問題

なんです。

つまりいつもちゃんとした「感謝の言葉」がないことなんです。

LINEにはいつも「あざす」「おけ」の短い単語ばかりなんでね。

今回も簡単に「あざーす」だけでした。

親が期待するのは

「すっごく助かった!今度、ご飯おごるわ」

なんてことば。

でもね息子の短い言葉には「照れ」があるのだろうと思います。

それは魔太郎も実家には「照れ」があって、感謝のことばをさらりと言うことが多いのでね。

魔太郎夫婦の間でもちゃんと「ありがとう」が言えてるかというと、やはり「照れ」があります。

ということは、

身近なひとにちゃんと「ありがとう」が言えるように、自分を成長させることが大切

だと新たな気づきです。

息子の行動から魔太郎に学びがありました。

これも感謝ですね

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

夫婦の間にも「ありがとう」が大切であることを過去記事にしてあります。

ぜひ読んでください。

www.gblog60.com