還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

葛藤!高齢の親とのつき合いにちょいとばかり疲れを感じてきた

f:id:gblog60:20211128215335j:plain

魔太郎の父は88歳、母は87歳。

魔太郎家から歩いて5分程度のところに住んでいます。

魔太郎と古女房は週に1回近くのスーパーへ車で買い物へ連れて行ったり、時々は病院への送迎も手伝います。

まだまだ元気ですが・・・。

 

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

今回は、高齢の親とのつき合いに、ちょいとばかり疲れを感じてきた魔太郎夫婦の「こころのモヤモヤ」を書いています。

親はさらに高齢化していきますが、魔太郎夫婦も同じように歳を重ねていきます。

いづれ自分たちもふたりの息子たちから見たら、高齢の親になるわけ。

答えの出そうにないことですが深堀りしてみました。

ではでは、始めますよ。

 

 

疲れを感じてきたとは

f:id:gblog60:20211128215522j:plain

魔太郎夫婦が疲れてきたこととは

  • 週に1回の買い物
  • 月に1回のお墓参り
  • 毎回の親の同じ話
  • 親の愚痴を聞くこと
  • 雑用を頼まれる

などなど。

数年前に父が運転免許証を返納してから、魔太郎夫婦が足代わりをするようになりました。

今までは、買い物などの送迎は負担ではなかったのですが、今年の夏あたりから母が体調を崩すことが多くなり魔太郎夫婦の負担が増えてきたのです。

それに、体調を崩した母の愚痴が増えてきたことも「しんどい」原因のひとつ。

これまでは、母の愚痴は受け流してきた魔太郎なのですが、魔太郎の体調が思わしくないときは「しんどい」のです。

とくに古女房は義理の親になりますから、「しんどさ」は魔太郎以上でしょう。

魔太郎も古女房も年をとっていきますから、体力・気力も衰えるわけでして・・・。

 

いずれ自分たちが高齢の親になる

f:id:gblog60:20211128215544j:plain

おやおや魔太郎の愚痴になりましたね。

申し訳ない

今回は魔太郎夫婦と親のことでしたが、あと20年から30年たつと魔太郎夫婦が高齢となり、ふたりの息子たちが今の魔太郎たちの悩みを感じるかもしれません。

ということは、

「自分たちが高齢の親になったとき、子どもたちとの関係をどう作っていくかを、準備しておくことは大事なこと」

だと思いましたよ。

それは介護の問題であったり、お墓の問題であったり。

今までのやり方を変えていくことも必要だと感じたところですが、手間・時間・労力のかかることです。

そしてわからないことばかり。

でも今はネットで調べることが出来る時代です。

自分で調べる手間・時間・労力をどのように使うかも大事なことだと思いました。

そして、自分で試してみる。

そして、それをブログで発信していくことは大事なことかと。

それは、誰かの役に立つ情報でしょう。

 

まとめ

f:id:gblog60:20211128215606j:plain

今回は、高齢の親とのつき合いに、ちょいとばかり疲れを感じてきた魔太郎夫婦の「こころのモヤモヤ」を書きました。

親はさらに高齢化していきますが、魔太郎夫婦も同じように歳を重ねていきます。

テレビのニュースで、高齢の親とシニアになった子どもによる事件を見聞きすることがあります。

それぞれの家庭で問題の内容が違うので、解決策はひとつではないでしょう。

それが今回の魔太郎夫婦の悩みの解決がわかりずらく、「モヤモヤ」するのだと思いました。

ただ、自分たちがいずれ高齢化したとき、今の悩みは自分たちの子どもの悩みになることに気づきました。

ということは、

自分たちが高齢になったときのことを、今から準備しておくことが大事なこと

かと思ったところです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

魔太郎には、悩みを書いていくと不思議と心が落ち着くことがあります。

そして今回は、解決の方向性も少しばかり見えたところ。

深刻になりすぎず、ゆるやかにしなやかに老後を生きたいと感じました。

f:id:gblog60:20211129160536j:plain