還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

ボクが死んだら「夫はいい人でした」と言われたい!古女房に話したら・・・

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

先日、古女房と一緒にテレビを見ていたときのこと。

数年前にご主人を亡くされた高齢の女性が「夫はいい人だった」と、涙ぐみながら思い出話をされていました。

ジーンときました

そこで今回は、ボクが死んだら「夫はいい人でした」と言われたいと古女房に話したことについてお伝えします。

古女房の反応は?

ではでは、始めますよ。

 

 

古女房の反応は?

テレビで亡き夫の思い出を語る高齢の女性に、感動した魔太郎と古女房。

「ポツンと1軒家」という番組です。

いろんなひとの人生が垣間見れて、いい番組ですよね。

そこで、魔太郎は古女房に話したのです。

ボクが死んだら「夫はいい人でした」と言ってくれるかな?

するとね、古女房は

思い出は美化されるのよ

と、バッサリ言うではありませんか。

 

古女房の性格

古女房は魔太郎の3歳年下の59歳。

来年の還暦は怖いわ

なんて話しています。

30年前に結婚したときは、ウブなところもあったのですが・・・。

結婚生活が長くなりますと、互いに隠れた性格も出てきます。

古女房の性格は

  • 少しへそ曲がり
  • けっこうズボラ
  • 外では猫かぶる

なんてとこ。

最近では、ポンコツになった亭主を、チクリチクリといじめるのも楽しいようです。

いじめられる魔太郎も、それを楽しんでいるところもありまして・・・。

ボクってM?(笑)

 

まとめ

今回は、ボクが死んだら「夫はいい人でした」と言われたいと古女房に話したことについてお伝えしました。

じつは「夫はいい人でした」と言われたいと伝えたら、古女房は大爆笑だったのです。

このときに気の利いた切り返しが出来なくて、ついバッサリ言ってしまうひとなのです。

少しひねくれた性格はわかっています

最近はそこもひっくるめて「かわいい」と思えるようになりましたけど。

たまにボクの自虐ジョークが受けると気分のいいもんです。

まあ、楽しいシニアライフにしたい と思っています。

ところで、そこのシニア夫のみなさん、シニア妻に

「夫はいい人でした」と言われたい?

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

私は今年2月に前立腺がんを告知され、6月に手術を受けました。

 

手術は約5時間かかりましたよ。

 

その間コロナのこともあって、古女房は待合室でひとり。

 

退院して、残りの人生は「古女房ファースト」にすると誓いました。

 

私の前立腺がんの体験記に、古女房のことをコラムに書きました。照れくさいけれど、ぜひ読んでください。