還暦Gちゃんブログ

日本中に元気を届ける

イソップ童話から目的の違いで変わる「やる気・意欲」のおはなし

f:id:gblog60:20210725200311j:plain

ブログをやっていると「いやになる」ことはありませんか?

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

今回は目的の違いで自分の行動の「やる気・意欲」が変わることを、イソップ童話のおはなしを参考にお伝えします。

 

これを読んであなたの ブログの目的 を見つけてみませんか?

 

  

イソップ童話のたとえ話とは

f:id:gblog60:20210725200448j:plain

イソップ童話の「三人のレンガ職人」のはなしです。

中世のとある町で一人の旅人が、三人のレンガを積んでいる男たちに出会います。そこで旅人はそれぞれに「何をしているのか?」と尋ねます。

 

一人目の男は「レンガを積まされている」と言いました。

二人目の男は「家族を養うために働いている」と答えます。

三人目の男は「歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ」と素晴らしいことだといって答えました。

 

目標と目的

f:id:gblog60:20210725200514j:plain

三人の男たちにとって「目標」は共通です。1日に何個のレンガを積むとか、いつまでに自分の担当したところを仕上げるといったことです。

 

しかし「目的」は三人とも違います。

 

  • 一人目の男は目的を持っていません
  • 二人目の男は生活費を稼ぐのが目的です
  • 三人目の男は歴史的な事業に関わり、世の役に貢献することが目的です

 

「目的」によって、その行いの「やる気・意欲・動機」や質というのが変わってくるのがわかりますね。

 

イソップ物語から目的の違いで変わる「やる気・意欲」のおはなし:まとめ

f:id:gblog60:20210725200543j:plain

今回は自分の行動は「行動の目的」で「やる気・意欲」が変わってくることを、イソップ童話の「三人のレンガ職人」のはなしでお伝えしました。

 

さいきん魔太郎はブログで行き詰まりを感じていました。ネットで検索すると「目的」をしっかりもって、忘れないことなどが書かれています。

 

でもねどうもしっくりこなくて悩んでいたら、昔のノートにメモしていたイソップ童話の「三人のレンガ職人」のはなしにたどり着いたところです。

 

改めて「目的」をしっかり持つことの大切さを実感した次第です。この還暦Gちゃんブログの目的は「日本中に元気を届ける」にしています。
ところがこれがどうも自分のなかであやふやなんですよ。もう少し深く掘り下げていく作業が必要だなと感じたところです。

ところで

あなたのブログの目的は何ですか?

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

追伸:魔太郎

アドラー心理学には 未来は自分で決めていけるという「目的論」があります。

これは、自分がどうありたいか、どうしたいかという目的が自分の人生を作っているというもの。

なので自分のブログの目的を「自分がどうありたいか、どうしたいか」をヒントにじっくり考えてみませんか。

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村