還暦Gちゃんブログ

自分を成長させて仕事や人生をよくしたいと頑張っている人を応援するブログ

うすうす知ってたけど!日本の幸福度が世界の中で高くないこと

f:id:gblog60:20210823103716j:plain

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

今回は精神科医の樺沢紫苑さんの著書

精神科医が見つけた 3つの幸福

から、世界の幸福度ランキング(2020)で日本の幸福度が高くないことを改めて知って、魔太郎が気づいたことが書いてあります。

 

本格的な分析は専門家にお任せするとして、魔太郎個人の見解だとご理解くださいね。

日本の幸福度が高くないことを、あなたなりの考えを深めるキッカケにしてみませんか?

 

ではでは、始めますよ。

 

 

世界の幸福度ランキング(2020)とは

f:id:gblog60:20211011095314j:plain

世界の幸福度ランキングとは、国連の持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)が発表するもの。

「世界幸福度報告書」のなかで、世界幸福度ランキングを発表しています。

英語表記は World Happiness Report 2020 です。

世界幸福度ランキングは、2012年に第1回が発表されて2020年が7回目。

今回は153カ国・地域が対象となっているものです。

ここでは調査の内容など詳しことは省きますよ。参考記事のリンク貼っときます。

【国際】国連の世界幸福度ランキング2020。北欧諸国が上位ほぼ独占。日本は62位で4位後退 | SDGs UNITED

 

日本の幸福度は何位?

f:id:gblog60:20211011095507j:plain

精神科医の樺沢紫苑さんは著書の中で

日本人は、真面目だし、勤勉だし、「仕事を頑張っている人」がほとんどではありませんか?

「仕事なんかどーでもいい」という人は少ないはずです。にもかかわらず、日本人の幸福度は、世界第62位。主要先進国では最低です。

とのこと。

主要先進国では最低に衝撃を受けた魔太郎です。

今回の調査では韓国が61位、日本が62位です。

 

このランキングについては、魔太郎はうすうす知ってはいました。

でもね、自分ごととして考えてみると「幸福度が低いことがあんまり実感がない」というのが正直なところです。

もちろん「めちゃくちゃ高くはない」ですけれどね。

 

そこで樺沢紫苑さんは

経済的にはGDPで世界第3位。中国に抜かれたとはいえ、世界第3位の経済大国であり、治安もいいし、医療費も格安で、中学まで義務教育です。

私たちがここまで一生懸命働いて、一生懸命頑張っても「幸福」になれないのは、私たちが信じる既存の「幸せになる方法」が間違っているからです。

とのこと。

そこで魔太郎は

私たちが信じる既存の「幸せになる方法」が間違っている

に考えをめぐらしたところなんです。

そして魔太郎が感じたこととは・・・。

 

魔太郎が感じたこととは

f:id:gblog60:20211011112910j:plain

魔太郎の性格は真面目で勤勉です。かつては仕事も休日返上で働いたり、残業も平気で働いてきました。

仕事が1番で、家庭は2番という価値観でした。

するとね数年前に、古女房から

あなた、顔が怖い

と言われたことがありました。

そして魔太郎は令和2年に還暦を過ぎ、これからの「人生の残り時間」をどう使うかを考えることがあったときに、考えを価値観を変えたのです。

「家庭が1番、仕事は2番」

とね。

それは子どもたちが成人して独立し夫婦ふたりの生活になって、いちばん大事な人との時間をもっと大切にすべきだと気づいた から。

ですから今回、世界幸福度ランキングで日本が62位というのは

価値観変えなきゃダメじゃねぇ

と思ったわけ。

 

うすうす知ってたけど!日本の幸福度が世界の中で高くないこと:まとめ

f:id:gblog60:20211011113242j:plain

今回は精神科医の樺沢紫苑さんの著書

精神科医が見つけた 3つの幸福

から、世界の幸福度ランキング(2020)で日本の幸福度が高くないことを改めて知って、魔太郎が気づいたことお伝えました。

魔太郎個人の見解であることは、ご了解くださいね。

 

仕事を真面目に一生懸命働いているひとには、魔太郎の価値観を否定するかたもおられると思います。

事実、いまの職場でも価値観の衝突がありました。

いくら議論してもどっちが正解かの答えは出ません。

でもね、世界幸福度ランキングで順位を上げることは必要な作業ではないかと思うわけ。

このブログのタイトルでは幸福度が高くないと表現しましたが、正直言って幸福度は低いです。

これは真剣に受け止めなくてはいけないのではと思います。調査方法が問題だとか、内容が日本には不利だとか意見もあるかもしれませんが・・・。

 

ともあれこの問題は時間をかけ、世代が変わることでいい方向に向いていけばいいかなと。そのときに ブレーキになる存在にはなりたくない と魔太郎は思うのです。

ところで

あなたの幸福度は高いですか?

日本の幸福度が高くないことを、あなたなりの考えを深めるキッカケにしてみませんか?

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎
樺沢紫苑さんの「3つの幸福」には、精神科医の経験から導かれた「幸福」について書かれています。
具体的なTO DO(すべきこと)が書かれているのが大きな特徴になります。
魔太郎のオススメ本です。