還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

帰省してもいいかな?LINEしてくる息子の気持ちとは

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

2022年4月に宮崎から東京へ転勤になった我が家の次男。

社会人3年目です。

次男の性格は、親があれこれ言うと「うざい」と煙たがり、困ったときだけ連絡してくるもの。

魔太郎も次男と同じくらいの年代の頃は、親にあれこれ言われると「うざい」と思っていました。
(今でもちょっぴりはありますけれど)

でもね、次男の気持ちもわからない訳ではありません。

それは、すごい心配性の古女房が社会人になった次男のことを、いつまでも 子ども扱い することがあるから。

その次男から、年末年始の帰省のことで古女房に連絡がありました。

今回は、帰省してもいいかな?とLINEしてくる息子の気持ちについてお伝えします。

魔太郎夫婦がとった対策とは?

ではでは、始めますよ。

 

 

帰省してもいいかな?

次男は東京でひとり暮らしです。

今年の4月に転勤したばかりですから、約半年が過ぎたところ。

コロナ感染症のことがあるので、会社での飲み会も制限されてきたことでしょう。

8月のお盆のときは「帰省しない」と連絡がありました。

東京で遊ぶから、というのが理由でしたけど。

私も学生時代は東京の世田谷に住んでいましたから、お金と時間があれば

東京は面白い!

と、思っていました。

その次男が、年末年始のことで連絡してきたのです。

古女房に届いたLINEには
「東京でまたコロナ感染が増えてきたけど、帰省していいか?」
というもの。

ビビリで心配性の古女房は、仕事先から昼休みに電話してきました。

どう返事したらいいかしら?

 

魔太郎夫婦がとった対策とは?

私も一瞬

困ったな

と思ったのが本音です。

そこで、次男の立場になって考えました。

次男の性格は、親があれこれ言うと「うざい」と煙たがり、困ったときだけ連絡してくるものです。

ということは
「年末年始は帰省したいのだ」
と想像したのです。

料理などしない次男です。

おそらくコンビニ弁当にも辟易していることでしょう。

ですから、年末年始は実家で

  • ゆっくりしたい
  • 古女房の手料理を食べたい
  • 洗濯などからも開放されたい

と思うのは自然のことでしょう。

そこで私は古女房に2つの提案をしました。それは次男に

  • ワクチン接種をすること
  • PCR検査して帰省すること

を条件にすることです。

そして古女房に伝えました。

年末にコロナの感染状況をみて、土壇場でのキャンセルも視野にいれること。

ヒコーキ代が無駄になりますが仕方がないでしょう。

古女房もわかってくれたようでした。

 

まとめ

今回は、帰省してもいいかな?とLINEしてくる息子の気持ちについてお伝えしました。

我が家のように、悩んでおられるかたは多いのではないでしょうか?

最適な答えは出せませんが、

それぞれで判断するしかないでしょう

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

次男の帰省に、いつもよりご機嫌の古女房です。

妻の機嫌が良ければ世界は平和です。

大げさでしたか? 

次男にワクチン接種を指示したので、注射嫌いの古女房に

ワクチン接種したら?

と、わざと言ったら

スゲー怖い顔して睨まれましたよ(笑)