還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

還暦が怖いわ!ことし還暦をむかえる古女房の怖いとは?

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

古女房は今年(2023年)還暦です。

29歳のときにボクと結婚してふたりの息子を育てました。

その息子たちも社会人となり独立して、ふと自分を顧みると還暦。

そこで今回は、ことし還暦をむかえる古女房の怖いについてお伝えします。

テーマは人生の残り時間の使いかたです。

ではでは、始めますよ。

 

 

古女房の怖いとは

古女房はすごい怖がり屋さんです。

ちょっとしたことでも「怖い」を連発します。

ボクの車の運転に、助手席で怖いわ!

そういう本人の運転は、ボクからしたら怖いと感じることも。

どうも怖いの基準が、かなり低いのでしょう。

脳科学的にいえば、不安を感じる「扁桃体」の活動が過剰なようです。

で、古女房の還暦のこと。

4月に60歳の誕生日を迎えます。

去年の暮あたりから

還暦が怖いわ!

が口癖に。

よく話を聞いて観察してみると「怖い」の内容は、、

  • 体力の衰え
  • 健康の不安
  • お金の不安

などなどいっぱいありますが、ひとことで言えば「老いることの不安」でないかと思うところです。

 

人生の残り時間の使いかた

「老いることの不安」をもっと掘り下げていくと「残りの人生の使い方がわからない」

と思った魔太郎です。

平均寿命が伸び、子育て後の自由時間が増えたことによる悩みとも言えるのではと。それは、、

趣味に打ち込むにも、金がかかるので戸惑う

働くにもフルタイムは体力的にしんどい

暇は出来てもやりたいことが見つからない

なんてところでしょうか。

 

古女房の今年の目標

古女房もいろいろと考えているようです。

年のはじめに目標宣言をしてきました。それは

  • テレビを買い替える
  • 餅つき機を買って年末は餅をつく
  • 浴室のリフォームの貯金を始める

とのこと。

詳しく説明すると

  • テレビ大好き人間の古女房は、録画機能が壊れたテレビをなんとかしたい
  • お餅大好きなので、今年の年末は餅つきをしよう
  • 建築して28年の自宅の風呂場がタイル張りで寒いのでなんとかしたい

と、具体的な目標を宣言してきました。

この目標宣言の裏側には

あなたも協力するのよ!

が、暗黙で入ってますけど。

もちろん異議などございません(笑)

 

まとめ

今回は、ことし還暦をむかえる古女房の怖いについてお伝えしました。

「怖い」から「残りの人生の使い方」に発想を飛ばしました。

すると、目標をつくることが「怖い」を少なくするのに効果があると気づいたところです。

ボクの目標は元旦のブログで書いたとおり。

これを忘れないようにして、行動し続けたいです。

ところで

あなたの「怖い」は何ですか?

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

古女房は1月6日から仕事。市役所で2ヶ月の短期の事務の仕事です。

 

高校卒業してからずっと働いてきたひとです。

 

ですから働いているほうが

イキイキしてます