還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

最初の一歩は面白がること!ゆうパックアプリであて名ラベル作成に挑戦

宅急便を送るのに、送付伝票を手書きするのが面倒ではありませんか?

年齢を重ねると、老眼や理解力・体力の衰えなどで、ちょっとしたことが面倒になってきます。

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

2022年4月に宮崎から東京に転勤になった、社会人3年目の我が家の次男。

困った時しか連絡をしない息子です。

自分も思い当たりがありますから、まあ男の子はそんなものでしょう。

その次男から古女房のスマホにLINEメッセージが届いたのは、ゴールデンウィークの最終日。

内容は実家に置いてある夏服を、宅急便で送って欲しいというもの。

魔太郎は送付伝票の手書きが面倒だなと思いました。

すると、

アプリがあるのでは?

と思って検索してみると、ありました、ありました。

今回は、ゆうパックアプリであて名ラベル作成に挑戦したことをお伝えします。

最初の一歩は面白がる気持ちが大切です。

ではでは、始めますよ。

 

 

ゆうパックアプリとは

ゆうパックアプリというのは 日本郵便公式スマホアプリ のことです。

現代社会はデジタル化が進み、スマホにソフトを入れていろんなことが簡単に出来るようになってきました。

「日本郵便公式スマホアプリ」では、郵便番号の検索や料金を調べたりすることができます。

しかし、今回は「ゆうパック」という、いわゆる宅急便で荷物を送るのに送付伝票を手書きしなくてすむサービスを利用します。

 

あて名ラベル作成に挑戦

あて名ラベル作成は、アプリをスマホにダウンロードして、最初の画面にある「あて名ラベルを新しく作成する」をタップして住所などを入力していくものです。

入力が終わったら荷物を持って郵便局に行き、スマホに入力したデータの二次元コードを専用の機械にかざすと自動的に伝票が出てきます。

荷物と伝票を係の人に渡して料金を払えば終了です。

今回は初めてのアプリ利用でしたから、郵便局員さんに尋ねると「スマホの画面をここにかざしてください」と教えてもらって完了。

えっ、こんなに簡単でいいの?

というのが正直な感想でした。

 

最初の一歩は面白がる気持ちが大切

普段スマホのアプリなどを利用されない人にとっては、アプリをダウンロードするところからわからないことでしょう。

魔太郎は今回はスラスラと出来ましたが、今までにいろんなものに挑戦して経験を積み重ねたから出来たのです。

失敗や成功を積み重ねて経験値が積み重なって、上手に出来るようになります。

新しくなにかを始めるときは、「うまくいかないことが当たり前」と考えましょう。

そして、大事なことは

最初の一歩は面白がる気持ちで取り組む

です。

「わからない、めんどくさそう」は当然です。

そこを「面白がる」の気持ちで取り組むことが大事だと。

失敗を何度も積み重ねて、コツみたいなものがわかってくるのです。

そうすると、また新しいことに挑戦しやすくなります。

そして、面白がる気持ちになるコツをひとつ。それは

「面白そう!」を口癖にすることです。

ポジティブな言葉を口癖にすると、自分が変わっていくというもの。

潜在意識や脳科学の本を読むと、同じようなことが書いてあります。

 

まとめ

今回は、ゆうパックアプリであて名ラベル作成に挑戦したことをお伝えしました。

スマホに慣れない方は、アプリを使いこなせるかも不安でしょう。

魔太郎も以前はそうでした。

数年前に、別の宅配業者のアプリをダウンロードしたけれども、アプリをうまく使いこなせなくて、結局断念したこともあります。

でもね、失敗などをの経験を積み重ねていくうちに上手に出来るようになります。

今回、ゆうパックアプリを使ってみて

使いやすくなってるな

というのを感じました。

かなり使いやすいように作られています。

昔のうまくいかなかった経験を、いつまでも引きずっていては前に進めません。

面白がって挑戦してみませんか?

「日本郵便公式スマホアプリ」はこちらからダウンロードできます。

日本郵便アプリ - 日本郵便

ダウンロードする前に、あて名ラベル作成機能ご利用ガイドをクリックしてください。

さらに「操作ガイド」をクリックすると、住所の入力方法などが確認できます。

アプリの苦手な人向けに、工夫がされています。

ポイント!  「面白そう!」を口癖にして、最初の一歩は面白がる気持ちで取り組む

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

郵便局の窓口にあるアプリの二次元コード読み込み機を見ていたら、メルカリなどのフリマアプリのあて宛名ラベルも印刷出来るようです。

お小遣い稼ぎに挑戦してみようかな?