還暦Gちゃんブログ

自分を成長させて仕事や人生をよくしたいと頑張っている人を応援するブログ

息子のひとり暮らし宣言!親離れに古女房の尽きない心配とは?

f:id:gblog60:20210709233237j:plain

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

令和2年に社会人になった我が家の次男(23歳)、勤務先がバスで通えるところでしたので同居しておりました。

次男は県外の大学に通っていましたので、久しぶりに古女房は食事、洗濯、Yシャツのアイロンがけと世話を焼いております。ブツブツ文句をいいながらも楽しそう。

でもね、魔太郎と古女房の生活のリズムと次男のリズムが違うので、多少ストレスがかかることもありますね。

その次男からひとり暮らし宣言が出たのは7月のはじめ。

今回は 親離れ、子離れ のおはなしです。

 

  

ひとり暮らしのアパートとは

f:id:gblog60:20210709233903j:plain

場所は宮崎市内の中心部。次男の会社のすぐそば。通勤に歩いて5分もかからないところで、アパートの目の前にセブンイレブン。ズボラな性格 の次男らしい選択です(笑)

さてさてそのアパートですが築41年、鉄筋コンクリート造の4階建エレベーターなし。さすがに「古くさい」を感じさせますね。

次男の部屋は4階の東向きの角部屋で間取りは1K。説明書には「初めてのひとり暮らしにオススメです」と書いてあります。

家賃は3万円。衛生管理費400円。次男は車は持ってないので駐車場はなし。

部屋の様子はというと

f:id:gblog60:20210709233937j:plain
f:id:gblog60:20210709233237j:plain

魔太郎は中に入ったわけではないのですが、独身男にはいいのではないでしょうか。エアコンがつきインターネットは無料とのこと。 

魔太郎と古女房は「娘ならオートロックの物件がいいけど、がさつな次男 にはあれでいいのよ」と勝手な話をしております(笑)

 

息子の親離れ、親の子離れ

f:id:gblog60:20210709234052j:plain

いつかは次男の独立する日がくると思っていましたが、同居して1年4ヶ月でした。アパート選びから引っ越しの手配まで自分ですべてやって、親の出番はなし。

なにか関わりたい魔太郎夫婦なのですが、ここは次男を信じてぐっと我慢してます。余計な口出しをすると次男は不機嫌になるのでね。独立心 が芽生えてきたのでしょうか。

うれしいような寂しいような気持ちです。

子供の親離れ はこんなものなんでしょうか。実家の 居ごごち が良すぎて長居してもらっても困りもんですが。世話好きの古女房は

開放された!

といっておりますが、実際はどうなんでしょうね。 

 

息子のひとり暮らし宣言!親離れに古女房の尽きない心配とは?まとめ

f:id:gblog60:20210709233708j:plain

じつは魔太郎は30年ほど前に実家から離れてアパートでのひとり暮らしをした経験があります。

その時は30過ぎても結婚の気配さえ見せない魔太郎に、両親と険悪な雰囲気になり独立したのでした。アパート探しも引っ越しもすべて自分でやりました。

今回の次男と同じですね(笑)

ですから次男の気持ちもわかるのですよ。

 

ところが

 

世話焼き好きの古女房はというと、なにかしたくて ウズウズ しております。それはね

  • トイレットペーパーは買ったわ
  • 在庫のマスクも一箱あげましょう
  • ゴミの分別は出来るかしら?
  • ガスコンロの使い方はわかるかしら?
  • 掃除をしないからきっと部屋はゴミ部屋よ

なんて古女房の尽きない心配は これでもかこれでもか と出てきますよ(笑)

あんまりうるさいので、魔太郎は意地悪で

ついてったら

といったら目を吊り上げて テゲ 怒られちゃいました(笑)
(テゲは宮崎弁で すごく の意)

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村