還暦Gちゃんブログ

自分を成長させて仕事や人生をよくしたいと頑張っている人を応援するブログ

引っ越しの日は大雨!息子のひとり暮らし宣言から10日後のこと

f:id:gblog60:20210717170153j:plain

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

同居していた社会人2年生の息子(次男)が「ひとり暮らし宣言」をしたのは、令和3年の7月のはじめ。

 

 

今回はいよいよ引っ越しの日の様子をお伝えします。
引っ越しの日は大雨でした。

 

  

ウズウズする古女房

引っ越し予定日の7月17日(土)は朝からの大雨。「数日前に梅雨明け宣言したのに」と古女房はブツブツ言っております。息子も友達に連絡している様子。

 

f:id:gblog60:20210717170851j:plain

古女房が買って準備していたマスク、ティッシュペーパー、トイレットペーパーは息子の「買った、いらん」のひと言で置いていかれました。古女房は

せっかく買ったのに!

と文句を魔太郎にぶつけてきます(笑)

 

引っ越しの日は大雨

f:id:gblog60:20210717170400j:plain

午後になって雨が止むと息子が動き出しました。 古女房の軽自動車のタントに布団などを積み込んで1回目の搬入。親の出番はなし。

2度めの搬入のときに古女房に声がかかります。親父にはかかりません。荷物といっても独身男の持ち物なんてダンボール数個分です。

帰宅した古女房は

エレベーターなしの4階まで2往復したわ

と、とっても疲れた様子。

息子の引っ越しはこれで終了です。

 

残されたもの

f:id:gblog60:20210717170758j:plain

息子の部屋に残された本や冬物の衣類。寒くなったら取りに来るのでしょう。

 

f:id:gblog60:20210717170738j:plain

玄関先にゴミ袋。

 

引っ越しの日は大雨!息子のひとり暮らし宣言から10日後のこと:まとめ

f:id:gblog60:20210717170921j:plain

息子(次男)の引っ越しはあっけなく終了。 

魔太郎は30年ほど前に、実家から離れてアパートでのひとり暮らしをした経験があります。アパート探しも引っ越しもすべて自分でやりました。

今回の息子の行動を見ていて「自分に似てるな」と苦笑。当時の自分の気持を考えると、特に親を嫌っていたわけではなく、「自分のことだから自分でやる」という気持ちがすごく強かったと思います。

じつは数年前に母と話をしていたときに「あんたは何でもひとりでやってしまって、親としてつまらなかった」と愚痴られたことがありました。

その時は受け流していたのですが、今回の息子の行動を見ていて、母の気持ちがわかりましたよ。


ですから父親としてはあんまり心配はしてません。

ところが

古女房は違うようです。「あーだこーだ」と愚痴やらなにやらを魔太郎にぶつけてきます。魔太郎は

そうだね~

とひたすら共感。しばらくは古女房のぐちにつき合う日々が続きそうです(笑)

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

追伸:魔太郎

久しぶりに古女房とふたりでの夕食後、また愚痴ってきたので「うるさいな」と半分おどけたら

「更年期になってやる!」と脅かして来た古女房です。

それも困るので謝りました(笑)

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村