還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

自分を過信しないこと!タクシー運転手さんとのおしゃべりから

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

あなたは、自分の健康に自信がありますか?

魔太郎は今年6月に、前立腺がんの手術をしました。

いまは定期的に病院へ通って、PSAの検査をしています。

PSAというのは、腫瘍マーカーといってがんの有無を調べるもの。

がんの特徴は再発があるから。

古女房がクルマを仕事で使っているので、病院はバスで。

帰る時はバスが1時間待ちだったので、タクシーを利用することに。

ところがです。

年配の運転手さんと、健康談義で話が盛り上がりました。

そこで今回は、タクシー運転手さんとのおしゃべりから自分を過信しないことについてお伝えします。

年をとるとカラダのどこかが不調になります。

ではでは、始めますよ。

 

 

タクシー運転手さんとのおしゃべりとは

運転手さんは、67歳のシニアドライバーさんでした。

私が病院から出てきたので、とうぜん病気の話になったわけ。

ドライバーさんは悪いところはないのですか?

と聞くと、そこから彼の 独演会 になっちゃいました。

話をまとめると、ずっと元気で病気ひとつしなかったけれど、65歳のときにとつぜん体調を崩して大変だったとのこと。

病気の話がずっと続きました。

そして、最後に

「わたしゃ、病気とは縁がないものと思い込んでいました」

と言われます。

そのことを医師に伝えると、「自分の歳を自覚しなさい」と叱られたとのこと。

この話を聞いた魔太郎の学びは、

「自分を過信してはいけない」

ということ。

 

まとめ

今回は、タクシー運転手さんとのおしゃべりから自分を過信しなことについてお伝えしました。

魔太郎はDIYが大好きです。

電動のこぎりや電動ドライバーで、ガチャガチャ大工仕事するのはホントに楽しい。

でもね、たまに怪我をすることがあります。

すると古女房から

歳を考えなさい!

と、よく叱られます。

今回、がん手術をして12日間入院し2ヶ月大人しくしていたら、体力がごっそり落ちていました。

ですから、古女房の忠告は真面目に守っています。

でもね、暇だとウズウズします。

ところで、

あなたは自分の歳を自覚してますか?

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

病院から自宅までのタクシー料金は910円でした。

 

10分足らずの、運転手さんとのおしゃべりだったのです。

 

楽しい時間でした。