還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

古女房の疑問!連休が終わったらコロナ感染症はどうなるのかしら?

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

5月8日でゴールデンウィークは終わります。

用心深い魔太郎夫婦ですし、魔太郎が「前立腺がん」の治療中でもあるので、なるべく外出を控えておりました。

もし感染したら、病院の治療計画にも迷惑をかけることになりますので。

あなたはどのように過ごされたのでしょうか?

すると、古女房がぽつりと・・・。

来週からコロナはどうなるのかしら?

と。

そこで今回は、連休が終わったあとのコロナ感染症のことを深掘りしてみました。

ではでは、始めますよ。

 

 

連休後のコロナ感染者数はどうなる

古女房の心配は、感染者数が爆発して患者さんはもとより、医療関係者の負担が増えることです。

それに、もし身近なひとが感染したり、自分たちが感染したらと心配するのです。

すっごく心配性のひとなのです。

魔太郎にしてみれば、「過剰かな」と思うのですが、彼女の気持ちを優先しています。

おそらく感染者数は確実に増えるでしょう。

その増え具合がわからないのが不安です。

社会が機能不全にならないように願うばかりです。

 

withコロナafterコロナ

新型コロナ感染症との戦いは、3年目に突入です。

疲れたな

というのが、魔太郎の正直な気持ちです。

ただ、最近ウォーキングをしていて、マスクを外している人を見かけるようになりました。

もちろん、ひとりで歩いておられる場合や、夫婦だけで歩いておられる場合が多いですが。

魔太郎も人が近くにいないときは、マスクを外してウォーキングをしてます。

そして、狭い道ですれ違うときなどは、さっとマスクをするように心がけています。

ですから、これからは コロナ感染症と付き合う社会ルール が、徐々に出来るのではないでしょうか。

 

もうひとつの疑問

古女房のもうひとつの疑問は

治療薬はまだかしら?

というもの。

魔太郎も同感です。

ずいぶん前に、国内製薬会社の治療薬開発のニュースを、ネットで見かけた気がしましたが・・・。

おそらく全世界で開発が進んでいるはずですから、それでもまだ出来ないというのは、かなり難しいのでしょうね。

関係者のみなさん、頑張ってください!!

 

まとめ

今回は、連休が終わったあとのコロナ感染症のことを深掘りしてみました。

深掘りと言っても、おそらく皆さんも同じように考えておられるでしょう。

ともあれ、

油断しない

と思う魔太郎です。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

テレビやネットのコロナ感染症のニュースでは、なにか物足りないと感じています。

すると、NHKの「新型コロナウイルスの特設サイト」を見つけました。

たくさんの情報がここにありますので、参考にしてください。

www3.nhk.or.jp

 

とくに、20代の看護師さんの感染体験は、「甘く見てはいけない」ことがよくわかります。

ご一読をオススメします。

www3.nhk.or.jp