還暦Gちゃんブログ

「人生のモヤモヤを解決する方法」を研究するブログ

ブログ収益化の挑戦で悩みにぶち当たった作業だった【2021年振り返り】

f:id:gblog60:20211209082551j:plain

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

この還暦Gちゃんブログを公開したのは2020年4月のこと。

この年の9月から毎日の投稿を続けていますが、この記事では2021年1月からのおよそ1年間の振り返りをします。

この1年間に魔太郎が何に悩み、何を考え、何をやってきたのかを書き出して、来年(2022年)の成長につなげていくものです。

12月に数回に分けてお伝えする予定です。

今回は、「ブログ収益化の挑戦で悩みにぶち当たった作業だった」についてお伝えします。

ぼんやりとした悩みは解決できたのでしょうか?

ではでは、始めますよ。

 

 

ブログ収益化の挑戦でぶち当たった悩みとは

f:id:gblog60:20211209083315j:plain

ブログで少しでもお金を稼ぎたいと思って、収益化に取り組んだのが夏の終りの頃。

でもね、あれこれ試してみるけれど、うまくいかないことばかり。

それは、自分のスキルが圧倒的に足りないから。

それと、どうもブログではあまり稼げない時代になってきたようですね。

ブロ友さんの収益報告を読んでみても、かなり苦戦しておられるようです。

ネット上には「簡単にすぐに稼げます」なんてのが溢れています。

これは気をつけないと素人をカモに誘っているものもあるようです。

魔太郎には自由に使えるお金が少ないので申込みまでにはいきませんが。

そのなかで自分にあった収益化の方法を探しているところです。

 

それと、収益化の学習や実践をしていて、自分のなかにかすかな違和感が生まれてきたのです。それは、

「なんかつまらない」

という想い。

それは、「こう書けばお金を稼げる」というノウハウや法則通りに書かれたブログが溢れていること。

ノウハウや法則通りに出来ない魔太郎が、こんな事を言うのは恥ずかしいのだけれど、「なんかつまらない」という部分があるのは事実なんです。

この「なんかつまらない」は魔太郎のブログのテーマかなと思ったところです。

ブログの収益化の悩みを書きましたが、なぜか気になることが出てくるわけでして・・・。

 

自分のブログの目的は何?

f:id:gblog60:20211209083335j:plain

「なぜか気になること」とは、自分は何のためにブログをやっているのかという根本的なこと。

魔太郎は25年ほど前に「文章を書きたい」という想いがあって10数年勤めた会社を辞めて、最初の転職で宮崎の小さな出版社に入りました。

仕事は楽しかったけれど、仕事と家庭の両立ができず離婚の危機などがあり1年余りで挫折。

その後はなんとなく働いているだけの人生。

そして、病気をして働けない時期があったりと古女房には苦労のかけっぱなし。

でもずーっと「文章を書きたい」という気持ちは色褪せることなくあったわけ。

すると59歳のとき、親友の突然死を経験して「流されるだけの人生ではつまらない」という想いがあって、このはてなブログのを始めたのです。

ある程度ブログが書けるようになったので、収益化を目指すけれどうまくいかない。

するとね、今読んでる本のなかに

自分のミッションをしっかり言語化することが大事

との一文が突き刺さりました。

これを魔太郎は、自分は何のためにブログで発信しているのかという「目的」をはっきりさせないといけないと理解したのです。

目的は「誰の役に立つか」とか「どんな価値を伝えるか」とかあるので、自分なりに考えて書き留めることは出来ます。

でもね

心の底から本当にそう思えるところまでいかないのです。

ここが突き抜けられるかが、魔太郎の「還暦Gちゃんブログ」の課題なのです。

おやおや大げさになりました。すいません

自分の想いを自分のことばでわかりやすく伝えることが出来なくてモヤモヤしてます。

 

まとめ

f:id:gblog60:20211209083409j:plain

今回は、「ブログ収益化の挑戦で悩みにぶち当たった作業だった」についてお伝えしました。

魔太郎の今の考えは

収益化がうまくいかないことや、ブログを何のためにやっているのかというモヤモヤしたものを抱えながら、解決策を試行錯誤していくしかないと覚悟を決める

ことかなと。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

今読んでる本は、コピーライターのさわらぎ寛子さんが書かれたものです。

魔太郎には読んでもすっと理解と実践が出来ないことが多くて苦労しています。

でもね、なぜか気になる内容が多い本なのです。