還暦Gちゃんブログ

「ひとを勇気づける・ひとが元気になる」を発信するブログ

とつぜん思い出の写真アルバムの整理を始めた古女房の3つの気持ちとは?

「いつか思い出の写真アルバムの整理をしたいけど、なかなか出来ない」

こんな悩みを持ったことはありませんか?

おはようございます!
魔太郎Gちゃんです。

魔太郎は62歳、古女房は59歳です。

ふたりの子どもたちは社会人となり実家を出たので、いまはシニア夫婦のふたり暮らし。

やれるときに不要物は処分しよう

ということで、ときどき「モノを減らす作業」をしています。

燃えるゴミなどは週に2回の指定日にちゃんと捨てることは出来ますが、大きな不燃物などは手つかずのものも残るわけでして。

そして、写真アルバムの整理は、これがなかなか出来ません。

そこで今回は、とつぜん思い出の写真アルバムの整理を始めた古女房のことをお伝えします。

古女房の気持ちを深掘りしてみました。

ではでは、始めますよ。

 

 

とつぜん思い出の写真アルバムの整理を始めた古女房

5月のある日の朝、何を思ったか古女房が押し入れの中にあった写真アルバムの整理を始めました。

じつは、前々から古女房には気になっていたようで「いつか整理したい」と話していたのです。

それが何の前触れもなく突然始まったのですから、びっくりポンの魔太郎です。

だって、写真アルバムの整理を始めたら、かならず途中で写真に見入ることになって「いつまでも終わらない」ことになるはずですから。

おやおや、ヤバいものに手を出したぞ

と心の中で思って知らんぷりをしてました。

するとね、1時間ほどすると

今日はここまで!

と古女房のスッキリした声が聞こえました。

今回は、写真アルバムが入っていた外箱の処分だけで終わったようでした。

あれあれ、ゴミの山。

 

写真アルバムの整理が進まない理由

写真のアルバムって、なかなか整理が出来ませんよね?

昔は写真の整理はアルバムに貼り付けるのが当たり前でした。

30年前に魔太郎と古女房が結婚したときに、お祝いで「写真アルバム」を数冊もらっていたぐらいですから。

「写真アルバム」ほとんどは、コクヨという会社のものでしたけど。

あなたの場合はいかがでしたか?

そこで、写真アルバムの整理がなかなか進まない理由を魔太郎なりに考えてみると・・・。

理由その1:アルバム自体が重い

写真をアルバムに貼り付ける作業は楽しいのですが、かさばって重いので押し入れなどから取り出すだけでもひと仕事です。

理由その2:整理し始めても見入ってしまって、作業がはかどらないことを自分でもうすうす気づいている

やりだしたら大変なことになると、自分でもわかっているのです。

理由その3:整理の仕方がわからない

そもそも、大量の写真をどう整理したらいいかがわかってないのです。

スキャンしてデジタル保存をする方法もあるようです。

でもね、「デジタル保存しても、見返すことは殆どない」と思っていますから、時間と労力の無駄と考えてやる気が起きません。

こんなところが、写真アルバムの整理がなかなか進まない理由かなと思ったところなのです。

 

写真アルバムの整理を始めた古女房の3つの気持ちとは

魔太郎も「いつかは写真アルバムの整理をしたい」とは思っています。

よくテレビで、老いた親の物が溢れた実家の映像を見ることがあります。

あんな風にはなりたくないわ

と古女房。

魔太郎も同感です。

とくに古女房には

ふたりの子どもたちに迷惑をかけたくない

という思いが強いです。

それは、7年前にひとり暮らしのお母さんが亡くなって、実家のモノの処分に苦労した経験があるから。

これがひとつ目の古女房の気持ち。

そしてふたつ目の気持ちは

体力のあるうちに整理しておきたい

というもの。

ものの片付けって結構体力が必要です。

片付け作業だけでなく、不要物を捨てるのも体力が必要です。

3つ目の気持ちは

整理する気持ちがあるときにしておきたい

というもの。

古女房はときどき市役所からお呼びがかかると、短期の仕事に出かけます。

働きだすと休日は疲れてモノを整理したい気持ちにはならないので。

 

こんなところが、写真アルバムの整理を始めた古女房の3つの気持ちなのです。

 

まとめ

今回は、とつぜん思い出の写真アルバムの整理を始めた古女房のことをお伝えしました。

古女房の気持ちを深掘りしてみました。

魔太郎と古女房は自分たちが亡くなった後、「実家にモノが溢れていないようにしておきたい」という部分では同じ気持ちです。

でもね、モノってなかなか片付かないし、増えるばかりです。

「つい、買っちゃった」は日常茶飯事ですから。

テレビやラジオやネットには「お得です、買いましょう!」のオンパレード。

誘惑に弱くて意志力の弱い人間には、知らぬ間に誘導・コントロールされてしまいます。

それにものを買う行動は、ストレス発散にもなっていると思います。

でも一時的なストレス発散で、根本的な解決にはなってないような気がするのですが・・・。

そう思いませんか?

おやおや、脱線しました。

でも大丈夫。

いつものことです(笑)

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

では、またね!!

クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

追伸:魔太郎

外箱を片付けるのは魔太郎の仕事です。

ちゃんと資源ごみの日に出しました。

 

古女房のアルバム整理第2弾はこちら。

www.gblog60.com