還暦Gちゃんブログ

日本中のシニアに元気を届ける

黒川伊保子さんの「女の機嫌の直し方」を読んで試してみてわかったこと「ねぎらい編」

f:id:gblog60:20190911132646j:plain

おはよございます!
魔太郎Gちゃんです

古女房が「あの頃は大変だったのよー」と何度も話しているな

パートナーのこんなセリフに気づいている男性がいるのではないでしょうか。魔太郎は

また同じ話かよ

と正直うんざりしてました。 

この記事では黒川伊保子さんの著書「女の機嫌の直し方」を読んで、魔太郎が実践してみて分かったことをお伝えします。

今回は ねぎらい編 です。

 

女性のモチベーションを上げる「ねぎらい」とは

人から自分がねぎらわれることは、男性にしても女性にしてもうれしいことですね。認めてもらえた喜びの気持ちはずっと記憶に残っていることでしょう。

ところが、ねぎらわれ方に男性と女性では違いがあるのです。

男性が喜ぶ「ねぎらわれ方」

「成績が一位」や「出世」のような誰にでもわかるような指標で公に認められるのが好き

女性が喜ぶ「ねぎらわれ方」

「きみのあの気づきはよかったね」や「あのとき、よく努力したね」のようにそっと過去時間をねぎらってもらうのが好き

もちろん男性でも過去時間をねぎらわれたり、女性でも成果をねぎらわれてうれしい人もいるでしょう。

ここでは「女性はそっと過去時間をねぎらってもらう方がよりうれしい」と魔太郎は理解しました。

そうか、それで古女房が「あの時は大変だったのよ」と折にふれて何度も話す意味がわかったぞ!

実践するために準備する3つのこと

さあここからはいよいよ実践です。

頭で「わかった」のと「できる」は全く違うことはみなさん経験されていることでしょう。そうです、準備をして練習をしましょう。

準備その1 観察する

まずはパートナーがねぎらってもらいたいことを話すことがないか観察です

魔太郎の場合は

子供たちの部活の遠征に土日に何回も送迎したわ

(古女房はその当時フルタイムで働いていましたし車の運転も得意ではありません。魔太郎は土日は仕事でした)

この話は何回聞いたことでしょう。そのたびに魔太郎は「大変だったね」とお茶を濁す程度に返事だけをしていました。

つまり、古女房が本当に大変だったことに気づいてなかったし、大変なのは当たり前と思っていました。

つまりここでの観察とは

・パートナーが何の話をしているのか?

・これに対して自分はどう考えてどう反応したかを客観的に観察すること

 です。そして、パートナーが過去時間をねぎらってもらいたいことに気づくこと です。

準備その2 シュミレーションする

 パートナーへの言葉の返しをシュミレーションしましょう

ここではいくつかのパターンを考えて準備しておくことがコツです。

魔太郎の事例

・「大変だったね」・・・シンプルパターン

・「子供の友達を乗せるときは気を使って大変だったろうね」・・・気疲れをいたわるパターン

・「朝早く出発して、長距離の運転は大変だっただろうね」・・・不得意な運転をねぎらうパターン

ここでは パートナーがどこをねぎらって欲しいかを推察することがポイント です。

準備その3 セルフトレーニングする

状況を思い浮かべてセルフトレーニングをする

パートナーがねぎらって欲しい言葉を発するのは突然です。予告などありません。

「キター!」と感じたらさりげなくスムーズに返しが出来るようにするためにはひたすら練習ですよ。

準備その4 めんどくさいがスタート

準備のことをぐだぐだと書きましたがこんなめんどくさいことをやる必要があるのだろうか?と疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。魔太郎も思いました。

めんどくせーなー

そうなんです。めんどくさい生き物なんです。恐らく相手もあなたのことを同じように思っていることでしょう。ここからがスタートなんですよ。

失敗を繰り返して上手くなる

準備して実践しても必ずしもうまくいくとは限りません。むしろ失敗することの方が多いかもしれません。魔太郎の場合、最初のころ大げさにねぎらったら

あなた、なんか変?

と言われました。「アチャー」と思いましたが

そうか、さりげなく言うのがコツなんだ!

と気づきがありました。

まとめ

なにかの縁で夫婦になった魔太郎と古女房です。長く一緒に暮らしておりますと楽しいこともあれば嫌なこともあります。

その嫌なことを減らして、楽しいことを増やしていきたいと思っています。

では、またね!!

books.rakuten.co.jp